2013年01月09日

公職選挙法のポイント(あいさつ状の禁止)

皆さん、こんばんは。
私はまだまだ正月気分が抜けず、ペースが乱れ気味の生活ですが、
みなさま如何お過ごしでしょうか?

さて、今日はお正月から書き忘れていたことをアップしようと思います。

私たち世代はほとんど書かなくなった年賀状。
みなさまは何枚出しましたか?

今年の元旦に配達された年賀状は約18億9900万枚で、
ひとりあたり約15枚だったようです。

さて、政治活動をしている私には、一つ制約があります。
「あいさつ状の禁止」といって、
江東区内にお住まいの方へ年賀状などの季節のご挨拶を文書ですることは禁止されていて、
唯一「お返事」を「手書き」で書いたものだけを出すことができます。


根拠となる法律は公職選挙法第147条の2

「あいさつ状の禁止」
公職の候補者又は公職の候補者となろうとする者(公職にある者を含む。)は、
当該選挙区(選挙区がないときは選挙の行われる区域)内にある者に対し、
答礼のための自筆によるものを除き、
年賀状、寒中見舞状、暑中見舞状その他これらに類するあいさつ状(電報その他これに類するものを含む。)を
出してはならない。

何卒、ご理解の程よろしくお願いいたします。


追記
調べたわけではないのですが、
公職選挙法の規制はいくつか理由があっての事なんですが、
「あいさつ状の禁止」はお金持ちとそうでない人とのチャンスを
公平にしようという思いがあるように思われます。

例えばお金持ちの人は選挙区の有権者全員に挨拶状を送る経済力がありますが、
しげまつはそんな大量の年賀状を買うことも、印刷することもできません。。

一方で、インターネットの発達で、
ブログなど誰でも発信できるツールができたのも事実です。
しかしながら、インターネットも上記規制に含まれており、
新年ご挨拶などをアップすることはできません。

私たち世代の常識を認めてもらい、
より多くの情報交換ができる仕組みを作っていかなければいけませんね。

この問題は、よく言われている「ネット選挙解禁」と同じ性格のものです。
今の社会にあった法改正が望まれます。


posted by しげ at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | こぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

2013年にあたり

皆様、旧年中は大変お世話になりました。
本年も引き続き、ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

さて、みなさまはどこで年越しをされましたでしょうか?
私はお蕎麦とお鍋の準備をしながら、
溜め込んでいた雑誌や資料を読みつつ、自宅で年を越しました。

いやしかし、年末に衆議員選挙があったこともありますが、
ずいぶんとおサボりしていたようです。
マダオワラナイ。。。

この記事を書いている7時30分頃には、
やっとのことで目を通して、朝刊チェックまで終えたところです。

さて、2013年。
少しでも楽しい一年にしたいものです。

今年、地元江東区の話題としては、
築地市場移転が2015年3月から1年間延期になったということですが、
オリンピック招致、地下鉄8号線(豊洲住吉間)延伸等が挙げられます。

閉塞感を打開するためにもオリンピックを招致し、
江東区の南北エリアの区民の皆様の足となるべく地下鉄延伸を推進いたします。

夏には東京都議会議員選挙、参議院議員選挙も予定されており、
政治トピックスが報道されることも多くなることでしょう。
興味あることだけでも、耳を傾けていただけたら幸いです。

また、私の住む東雲は、豊洲・有明とともに湾岸エリアに位置しますが、
高層マンション増加による急激な人口増加、待機児童問題等、
江東区北部と比較すると、少し特殊な状況にあります。

認可保育所・認証保育所の整備はもちろん、
保育ママなど、地域のチカラで子供を育てる環境作りをしなきゃいけません。

このような湾岸エリアの声を区政に届けるべく
本年も積極的に活動してまいります。

引き続き、皆様のご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

2013年1月1日
しげまつ 佳幸
posted by しげ at 07:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。